風俗のヘルスとソープの違いを未経験でも理解しよう!

一言で風俗といってもその種類は多岐に渡ります。
ですが、その違いを正確に理解している人も少ないでしょう。
特に風俗街に行ったときなど、看板を見ただけでは、そのお店でどのようなサービスまで受けられるのか、わからないという人もいます。

風俗の名称は多くあり、そのサービス全てを理解するのは難しいです。
中でも地域によって名称が違うものもあるため、困惑してしまう人も少なくありません。
風俗の種類として、すぐに思いつくのは、デリヘル、ソープランド、セクキャバ、イメクラ、ファッションヘルスあたりでしょうか。

この他にも、ピンサロ、性感マッサージなどが挙げられます。さらに嗜好によってはSMクラブなど多岐に渡ります。
もちろん、サービス内容が似ているお店もありますが、風俗には数多くの種類があるのです。
料金もサービス内容によって、異なります。

ヘルスはファッションヘルスの略です。
ヘルスでは、お店に直接行って女の子と会話を楽しんだり、触ってもらったりすることができるお店になります。
基本的なサービスとしては、手コキやフェラチオ、口内発射、素股などがあります。
また、アナル舐めなどもあったりしますが、オプションになるお店もあるので、事前に下調べをしておいてください。

また、ヘルスと同様のサービスを受けられるのが、デリヘルです。
デリヘルはデリバリーヘルスの略で、自分が指定した場所に、女の子が来てくれるサービスとなっています。
風俗街にいくのはためらわれる方には、デリヘルの方が都合良さそうです。
ヘルスの中でも素人専門などもあるので、どのような女の子と遊びたいか、目的によって選ぶと失敗しないでしょう。

本番ができる風俗といえばソープを思い浮かべる人がいるかもしれません。
しかし、実際のところ法律上では本番は違法とされているのです。
そのため、暗黙の了解として特殊浴場という名目で営業を行なっています。

サービスとしては、上述したヘルスと同様のものから、本番までなので、料金的には高額となっています。
大衆店では格安でサービスしてくれます。
女の子と入浴して最後まで楽しめるのはソープだけではないでしょうか。
ソープで働く女の子は、男性と一緒にお風呂に入ってプレイなどを楽しむことから、ソープ嬢の名称だけではなく泡姫とも呼ばれています。
最初から最後まで楽しめるところは、初心者向けかもしれません。

ヘルスとソープは似ていますが、はっきりとした違いがあります。
自分の目的にあったお店に行って、素敵な時間を過ごすのが一番です。
また、何度か足を運ぶうちに違いをしっかりと理解できるようになるかもしれません。